安全性でおすすめの消費者金融

大手消費者金融のうちの一社であるモビットでは、殆どの消費者金融でローンを契約する時に必須となっている、審査時の職場への在籍確認の電話をなしとして契約することができるので、他の人にキャッシングの申込をしたことがバレにくく、安全性が高いと考えられます。しかしながらどのような方法で申し込みを行っても在籍確認の電話が無しになるというわけではなく、決められた方法で申し込みを行い、幾つかの書類を提出する必要があります。モビットのキャッシングを在籍確認なしで契約するための方法について詳しく解説をします。

まず申込方法ですが、Web完結申込という方法で申し込みを行う必要があります。Web完結申込はその名の通り、インターネットで申し込みを行い、来店不要で契約手続きを完結させる方法なので、忙しくて来店が難しいという人やできるかぎり速やかに契約したいという人にもおすすめの申込方法です。

Web完結申込で契約するためには通常のキャッシング契約に必要な書類に加えて、返済用口座として三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通預金口座、組合保険証もしくは社会保険証、そして直近1ヶ月分の給与明細書が必要となります。Web完結申し込みを行うためにはこれらのものが必須となるので、忘れずに前もって用意しておくようにしましょう。

安全性に消費者金融からお金を借りたいとお考えの方には、モビットのキャッシングは強くおすすめができます。

消費者金融大手の口コミ評判ランキングはこちら

即日返済した場合の利息はどうなるの?

借り入れに関する法律は様々ありますが、民法では金利が発生するのは借りた日の翌日からとなっており、初日不算入の原則というものがあります。そのため即日返済した場合には基本的には金利は発生しません。即日返済した場合でも振り込みした時間が金融機関の営業が終了してからの場合は翌日の着金扱いになることもあり、その場合は利息が発生します。またATMから返済すればすぐに返したことになりますが、利用するATMによっては手数料がかかることもあるので注意しましょう。ただし1000円未満の残高についてはみなし完済として、支払いが完了したものとして扱われます。信用情報情では借入残高、件数が残っている状態ですが、1000円未満の残高については無利息残債と言い、支払い義務がなくなるのです。1日過ぎた程度で1000円以上の利息になることはよほどの大金を借りていない限りありませんので、初めてのカードローンをするような人にはあまり関係ないかもしれません。

また、初めてのカードローンであれば金融機関によっては無利息キャンペーンを行っています。人気があるのが初回の借り入れから1か月は無利息になるものです。これは初めてのカードローンの人しか利用することができない特別なものですので、できるだけ利息を抑えたいのであればキャンペーンの有無は重要です。キャンペーン利用期間中に完済した場合は、キャンペーンが終了してしまい、期間内でも次の借り入れでは利息が発生することは忘れてはいけません。
カードローン借り換え低金利ランキング@カリカエルはこちら